マカッサル町のチャイナタウン (dok foto: pecinan makassar)

8月1928年、マナド町「セレベス島」にいくらかの中国人の店は差出人不明の手紙が貰いました。脅迫は差出人不明の手紙の中にある。   何かの中国人 のグルプはほかの中国人の店をおどかしました。あの店は日本品物を売る禁止して。これは中国と日本国の悪い外交関係だから。何もかもが従いませんから、自 分の耳が切ります。そして、19日8月1928年、マカッサル町「セレベス島」にあの一人の中国の商人の耳が切りました。それは日本品物を売るだから。あ の中国の商人の名前はChung Choang Lokさんです。(st)

(Oryza Aditama 「オリジャアジタマ」

Advertisements